FC2ブログ

義援金募集

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして

プロフィール

RubberAries

Author:RubberAries
RubberAries(♂)

・年齢 30代
・ラバー&窒息フェチ
・血液型 B型
・ラバーを着るだけで性感帯が刺激される超ドMに変身。

・趣味:スキューバダイビング ドライブetc

マスク+ガスマスク、グローブ、ソックスで
完全なラバー人間になり外界をシャットアウトする
ことが好きです。トータルエンクロージャー、ブレスコントロールが大好き。
バキュームラックも○。

詳しいプロフィールは仲良くなってからね♪


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


ブロとも申請フォーム


ブロとも一覧


■ フリースペース ■

フリースペースです。
好きな事をご自由に書いて利用してください。

尚、不要な場合は「HTML編集」の<!-- フリースペースここから -->~<!-- フリースペースここまで --> を削除してください。
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
rubberplay
「立って」女性にそう言われるとまた立たされて「今度はチャック開けるわね」今度はキャットスーツのクロッチファスナーのジッパーを下された、すると今までのプレイですでに多少勃起状態のペニスが顔を出した。「縛り方変えるわね」ラバーのバンドで体三箇所と足をギチギチに縛られて「ごろんして」ベットに寝かされた。今度は完全に身動きすら出来ない何が始まるのか想像もつかなかった。

女性が次に持って来たもの、おそらくラバーシートだと思ういきなり覆い尽くされたから目の前を真っ暗にされて一気に視界を塞がれて何かも確認できなかったが「あれ?ゴムの匂いがする~いい匂い~」
視界を塞がれながらもマスク越しのラバーの匂いを嗅いで気持ちよくなっていると・・・またさっきの黄色いゴムシートを被された。今度はさっきと違って綺麗に被せられてるから最初から息が出来ない。

「ねぇ・・・あなたラバー着てゴムの匂い嗅いでもう勃起しちゃったの?」「ンンッ~」息が出来ないから声が出ない。「いやらしいのね、ラバーで窒息すると勃起しちゃうのね」「ンンンッ~~」手足体はラバーのバンドでキツく縛られてるから身動き一つ出来ない。「上に乗っちゃおうかな~」ラバーシートの上から女性が乗っかる完全に身動きが取れない!!Sモードに入った女王様の手がジッパーを開けられて露出しているペニスシースに伸びる!息が出来ない!苦しい!そしてラバーで覆い尽くされて完全にMになってる僕の僕のペニスははちきれんばかりに大きくなっていた。

「苦しい・・・?もっとハフハフしてなさい」苦しそうにもがく横で非情にも女性の手は僕のペニスを掴んで扱いてた。ギュッギュッラバーのペニスがラバーグローブと摺れてラバーの音が聞こえる。
息苦しくて更にキャットスーツの中に溜まった大量の汗と体液が冷えてきて気持ちがいいでも苦しい。
ああっこのままじゃイク・・・イッちゃうよ~
「あら?もうイクの?もっとハフハフしてなさい」女王様の苛めは続いた、ペニスが爆発せんとばかり大分大きくなった。
「ウ~~~ダメ、まって・・・ウゥゥゥゥゥゥゥゥ~!!!」ビクッビクッ・・・早くもイってしまった。
ペニスシースに溜まった僕の精液を掴むと「あらもうイっちゃったの?」本当は出ちゃってるんだけど僕は横に首を振るその応えに女性は「まさかまだイってないわよね~」「シューッフゥッ~ハアハアハア」
ラバーシートが剥がされてようやく息が出来た。流石に今度ばかりは本当に死ぬかと思った。

もう一度シートをかけられ目隠しされて女性が取り出したのは秘密兵器。
バイブのスイッチを入れるとヴィーン・・・これはたまらない!さっき一発イってるはずなのにまたペニスが大きくなり始めてる。
「あら?もう大きくなっちゃっていけない子ねもっとハフハフなさい!」またゴムのシートがマスクに貼りつく、そして股間にバイブを当てられペニスはどんどん元気良くなって早くも勃起している。
「まだイかない?それじゃこうしたらどうかしら」女性はバイブのコントローラを最大にした。
ヴィ~~~ン!!!「ウム~ンンン~~~イク~~~!!!」ドピュッドピュッ2回目の精射はペニスシースの中をパンパンにした。結局2回イってしまった・・・。
「シューッハァハァはぁはぁっ・・・」ラバーのシートから開放されてガスマスクを外して、全頭マスクも脱いで外の空気をいっぱいに吸い込んだ僕は暑さと息苦しさで暫く動くことが出来なかった。













スポンサーサイト
[PR]

 
rubberplay
rubberplay
rubberplay
rubberplay

女性もラバーのワンピースに着替えて入ってきた。手にはロシア製のガスマスクを持っている。本当は贅沢言うとキャットスーツ着てもらいたかったな~それは無理かな。
ガスマスク着けるんですか?って聞いてみると「私はクラクラするからあまり長くはつけないんだけど」でも僕のワガママにこたえてくれてガスマスクつけてくれた。これはガスマスクとラバーのマスクが一体になっているようでとても暑そうだな~。「ラバーもしんどい季節になったわよね~」「ええ・・・そうですね~暑いですよね~」「冷房切る?ラバーフェチの人って暑いほうがいいから」「じゃあ少しだけ付けてください」冷房は切ってたほうが良かったのかもしれない、でも帰りのことを考えるとあまり汗だらだらというのも・・・。
ふたりのラバー人間が揃ったところでプレイ開始。僕の希望は窒息&拘束プレイ、バキュームラックも入ってみたかったけど大きい人は無理みたい・・・残念だ~。ようは全身を余すことなくラバーで覆いトータルエンクロージャー的なプレイを好むらしい。

まずは立ってと言われて鏡の前のラックの前に立たされ手をロープで足をロープで固定、その状態で全身を触ったラバーとラバーがふれあってピタピタとラバーの手袋で覆われた女性の手が僕の全身を顔、首、胸、足と触ってくる。
「シューッ」ガスマスクごしの息が少しだけ荒くなった。でも大事なところはまだお預け。

更に女性の手がガスマスクのフィルターを塞いだ。でもまだ息は出来る・・・「このマスクじゃ窒息系は無理ね」と言われて女性の被っていた方のマスクと交換を余儀なくされた。「このままがいい?それとも中のマスク脱ぐ?」と聞かれラバーは二重のほうがいいので「このまでいいです」と答えた。
二重になったマスクの中は暑いしむせる。でも僕はこれが好きだ。ガスマスクを変えて視界が狭くなった所で女性の手がフィルターを防ぐ「シューッうっ・・・グ」「今度は息出来なくなっちゃったね」そんなこと言われると興奮してしまう、僕は窒息フェチでもある。
「もっと息できなくしてあげようか~」ええっ~?!!でも内面は嬉しかったりもする。

ラックからの拘束を解かれて今度はベットに寝てと言われてベットに横になるとまた腕、足とラバーのバンドで縛られベットに寝かされペシッシペシッとキャットスーツ越しにお尻を叩かれた。
「ねぇ?こうすると気持ちいいんでしょ」でも叩かれたくらいではいくらラバーを着るとMになる僕でもまだまだ耐えられる。

「こうするとどうなるかしら?」イタズラっぽく笑みを浮かべながら女性が持ってきたのは黄色いラバーのシートのうなものガスマスク越しの視界だから目の前の黄色いゴムの物体の正体に気づけなかった。そのゴムシートを被せられた途端マスクいっぱいにゴムの独特の鼻を突くような匂いがして喉が渇いたかなと思った後「シューッハーッシュー」

あれ?息が荒くなった?!マスクの中の空気がどんどんなくなる!!その度にマスクがラバーにへばり付くだんだん苦しくなる・・・・!!その状態で女性はラバーの体を触りだし更にガスマスクを抑えている黄色いラバーシートを押さえつけた「・・・プッハっ・・・・プ」ガラス越しに黄色い風船のようなものが膨らんでいるように見えた。吸う方の音が聞こえなくなったかと思ったら黄色い風船のようなシートは萎んでマスクに貼り付いて来た。

「プッ・・・グッ・・・ムゥ」そして完全に息が出来なくなった。自分の心臓の鼓動だけがマスク越しに伝わってくる。ドクンドクン・・・「ムゥン~ウ~~~!!!」「苦しい?」このままだとヤバイ。
鼓動が早くなり息ができない、力いっぱいに叫んだ「ウ~~~!!!苦しい~!!!!」

次の瞬間視界が晴れてシューッハァハァハァハァ・・・ッ息が出来るようになった。ここまでの間わずか数分。世間の窒息フェチな人に比べたらまだまだダウンするには早過ぎる。
これは完全に視界をさえぎられて窒息してしまう事を恐れてシートを被されてから吸うマスク内のわずかな空気を一気に吸おうとしてしまうからだ。それでは逆効果でかえって空気を減らしてしまう結果になる。「ガスマスクの中を真空みたいな状態にしてみたんだけどとう?」そりゃただ手で押さえるより本格的に窒息感が味わえて良い。
ラバーの全頭マスクの上から更に全頭マスクのように作られたガスマスクを被り、薄いラバーシートを被っているのだからシートを被される前のガスマスクで吸った分の空気しかマスク内には残らないのだから履けば履くほど苦しくなる。

 
rubberplay
rubbryplay
rubberplay

せっかくのゴールデンウィーク、この機会に東京まで行ってラバープレイしてこよう!前からずっとプレイを計画していたのだが連休でもないと遠くにいけないので今回のチャンスを見逃さず行ってきたのが
渋谷のジュスティーヌさん。前々から国内で唯一ラバープレイのできるお店とチェックしてたのでこのチャンスを見逃す手はないと渋谷へ、今年から期間内だけETC割引もあって計画を実行できた。
予約を入れる際も初のプレイなのでドキドキしながら、後は僕に合ったサイズのキャットスーツがあるか少し不安だったがお店に着いてみれば不安も解消された。
お店の人が自分で着る?女の子に着せてもらう?と言って持って来たのはXLサイズのスーツ。これならいつも着ているから窮屈で着れないこともないだろう。
実際はもっとLLかL位しかないと思ってたから自分にフィットするスーツがあって良かった。正直キャットスーツは上下に伸び縮みするから最悪引っ張ればLでもキツキツで入るかなと思ってたけど。
プレイの料金は前払いで90分以内20000円、一時間半近く大好きなゴムのスーツを着て好きな女の子とプレイできるから安いもんだ。
スーツは一人でも着れるが、極端のラバーフェチな僕はあえて着せてもらうことを選択した。一人で着るより着せてもらったほうがスルスルスムーズに入っていくかな~と思ったから。

ちょっと待ってたら一人の美人の女性が先程のキャットスーツを持って入ってきた。黒髪でとても美人、この人がラバー着たらさぞかし似合うだろうな~と妄想。
キャットスーツにグローブ、ソックス、マスクと目の前が次々にラバーアイテムでいっぱいになった。
でも残念なことにロングのソックスとグローブはラバーではなくレザー製・・・なんでもお客さんが毎回破くものだからラバー製のがなくなったらしい。残念・・・・でもどうしても全身をラバーにしたい僕は無理を言ってラバーの手袋と破れてしまったソックスを用意してもらった。それからリクエストでペニスシースつきのラバーのブリーフとイギリス軍M-69ガスマスクを用意してもらった。
ロシア製の御馴染みのガスマスクはいつも被ってるから違うの被りたかっただけ、それだけの理由。
ペニスシースは僕の中のフェチでは射精はスーツ内でやるもの外へ出してはいけない奇妙なこだわりだ。ラバーを着けてしごいて貰った方が勃起するから。極度のラバーフェチと言うこと。

まずはソックス、破れて小さくなっちゃってるので慎重にゆっくり履かないと使えないくらいに破いてしまう恐る恐る履きながら何とかクリアー。
次にペニスシースつきのブリーフをするする履いて、でも外国の人サイズだからペニスの部分がデケェ。普段履いてるのはSサイズだから小さいけど、ソレくらいが勃起した時丁度いい位にパンパンになる。そしてお待ちかねのスーツを着せてもらう、キャットスーツを初めて着せてもらって嬉しい。やっぱりパートナーにチャック閉めてもらうときかせ一番フェチ感が出て良いよね~いかにもプレイ前って感じ。
手袋も短めのなのでラバーを全部着た状態で見ると足首、手首が出て間抜けだ。それに密封感がない。ラバーの醍醐味は全部着た状態で密封して汗でグチョグチョになることだからこれではいけない。
せっかく用意してもらったし露出部分を隠すためにレザーのロンググローブとソックスを履いてみる。
おお!!これならラバーフェチっぽそうだ。
更に目と口のあいた全頭マスクを着けてご注文のガスマスクを着けてラバー人間の完成だ。
鏡に写った黒いラバー人間とガスマスクのシューハーシューハー音で少し感じちゃったりして。
ビザール関連みたくブーツはと履いてみようとしたがダメだった。足のサイズが合わないから・・・。

さあ女王様もラバーに着替えに行っていよいよプレイのはじまりだ。







 
ラバーフェチに目覚めて5年、今やキャットスーツも2着、
ガスマスクも各種色んなものが手に入った。
それでもまだラバーフェチの女性との出会いはない。
僕も異性と知り合って、トータルエンクロージャーや完全拘束、
バキュームベッドなどをパートナーとし楽しみたい。
そんな出会いがないかと今日この頃、普通の女性ではダメなのだ。
自分と同じ全身ラバーで包まれてガスマスクを付けてラバーの手袋、
ラバーのソックス、ラバーのマスクを付け全身からゴムの甘い香りを
漂わせる魅力的で素敵な黒光りする女性が欲しいのだ。
そんな人にめぐり合えればずっと大切にするだろう、いつどんな時も
お互いに全身ラバーで包み会い、フェチと言う真実の愛情を
分かち合えたらどんなに素晴らしいことか・・・。、
 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。